ニキビ跡

ニキビ跡の赤みにブロック!肌の生まれ変わりがカギとなる?!

悩みの種のニキビ跡....。
ニキビが治っても跡が残ってしまう状態。
 

そんなニキビ跡の中でも、赤い跡はちょいと勘違いしてしまうこともあるようです。
「あれ!ニキビ全然治らない....。」と思っていたらそれがニキビ跡だったなんてことも!!
 
赤ニキビとニキビ跡の赤みは似ているのです。
 

ニキビ跡って聞くと、なかなか治らないものってイメージですよね。
これからずっと、ニキビ跡の赤みに悩まさせるのかも.....な〜んて思っていませんか?!
 

大丈夫!!安心してください✯
ニキビ跡の赤みは、キレイに治すことできますよ✯
 
しかも、案外簡単に♫

ニキビ跡がなぜ赤い?

girl-in-red-dress-1388569_1280_jpg
そもそも、なんで赤みが残ってしまうのかなって話ことですよね。それは炎症が続いてしまったせいです。
 

ニキビ跡になってしまうのは、赤ニキビから跡になってしまうこと多いですね。
 

元々、赤ニキビは厄介なニキビで炎症が激しいです。治った後も、少しの間赤みが残りますよね?
これがいわゆるニキビ跡の赤みですね。
 

しかし、だいたいのモノは徐々に赤みが薄くなって治りますが、炎症が長く続いた赤ニキビのニキビ跡は頑固なんですよ〜。
 

中々その姿を消してはくれず、赤みが残ってしまうのです。
 
放っておけば、いつか治ると思って何も対処しないでいると、メラニンが増加して色素沈着してしまうので要注意!!
 

ニキビ肌だとターンオーバーがうまく行われてない可能性が高いので、治るのにとっても時間がかかります。そう簡単には治らないってことです。
 

そうなる前に、ニキビ跡の赤みのケアをしなくてはなりませんね。

スキンケアについて

skin-care-937667_1280_jpg
ニキビ跡の赤みが残ってしまう場合、表皮のバリア機能が壊れている可能性があります。
 

それはなんと!!
洗顔のしすぎが原因で起こることもあるんですよ。
 

洗いすぎはバリア機能を低下させてしまうんですよ!!洗顔は優しく、1日の回数は2回くらいに適度にね✯
 

洗顔後は、化粧水と美容液などの保湿をしっかりつけて乾燥を防ぎましょう。
セラミドやヒアルロン酸入りものがいいですよ。

積極的に取りたい栄養素

girl-pose-344322_1280_jpg
ニキビやニキビ跡の改善のために取りたい栄養素は、ビタミン類の多い緑黄野菜が代表的ですが、
肌のターンオーバーを促すためには良質のタンパク質を摂ることも大事✯
 

タンパク質

肉、魚、卵、牛乳、チーズなどの動物性タンパク質
大豆、納豆、豆腐などの植物性タンパク質

コラーゲン

コラーゲンは、新陳代謝を促進して肌にハリがでるので、積極的に摂りたいモノです。
新陳代謝が上がるということは、ターンオーバーにも良い影響と与えますね✯
 

コラーゲンを含むモノは...
鶏の手羽先
とり皮
豚肉
フカヒレ

ミネラル

ミネラルには、活性酸素の働きを止める作用があります。
もちろん肌トラブル防止にもなります。
 

ミネラルを含むモノは...
レバー
煮干し
するめ

食物繊維

食物繊維は、肌トラブルが起きる原因の一つの便秘を解消する作用があります。
 
便秘は、体の中に不要なモノが溜まってしまっている状態なので、放っておくと肌に悪影響を及ぼします。もちろん、ニキビも悪化してニキビ跡にもなりやすくなるので要注意デス。
 

食物繊維を含むモノは...
さつまいも
ごぼう
かぼちゃ
バナナ

ビタミンの効果と多く含まれる食材

vegetables-760860_1280_jpg
ビタミン類は、ニキビ跡の赤みにもとっても効果的です。ビタミン類が含まれる食材の中でも緑黄色野菜は、活性酸素を抑える働きがあるので積極的に摂りたいです。
 

ビタミンCは、皮脂の分泌を調整する働きがあり、美肌を作るコラーゲンの生成を助けます。
 
赤ピーマン、ブロッコリー、じゃが芋、アセロラ、レモン、柿、イチゴ、キウイなど
 

ビタミンAは、肌のターンオーバーを促します。
 
人参、モロヘイヤ、小松菜、にら、ほうれん草など
 

ビタミンB2は、目や口などの粘膜を正常に保ちます。
 
マイタケ、干しシイタケなどキノコ類

 
ビタミンB6は、血行を良くして免疫力を高めてくれます。
ニンニク、大豆など

ビタミンEは、肌のトラブルを改善する効果があります。
 
アボカド、かぼちゃ、ほうれん草、モロヘイヤなど
 

memo

野菜以外のビタミンを多く含む食材
ビタミンAは、牛乳、チーズ、卵、とりレバー、うなぎ
 
ビタミンB2は、牛乳、ヨーグルト、卵、レバー、豚、うなぎ、かれい、いわし、ぶり
 
ビタミンB6は、卵、とり肉、レバー、いわし、まぐろ、さんま、さば、かつお
 
ビタミンEはぶり、うなぎ

まとめ

ニキビ跡を自分で治すには、正しい洗顔と体の内側から整えることが大切ですね。
 

ターンオーバーを正常に戻すことによって、ニキビ跡はできにくくなります。
色素沈着を起こしてからだと、跡を消すのは大変です。
 

日々のケアの積み重ねで、ニキビ跡の赤みをできにくく、そしてできても治りやすくすることができます。
 
ニキビ跡になりやすい方は是非、見直してみて下さいね✯
 

 


-ニキビ跡
-,