ニキビ予防

ニキビの原因✯手軽が一番コワイ!食べ物に気をつけろ!!

2016/06/04

めんどうな調理もいらない、手軽に購入できる便利な加工食品。
簡単に食べれるモノがたくさん★
 

便利になったのはいいけど、加工食品は体によくないっていいますよね。
 

ニキビと関係があるのかな?!
 
体によくないモノは、もちろんニキビにもいいはずがありません。
 

私たちの体にどのようにして、悪影響を与えているのかをご紹介します。

加工食品とは?

62d99c82b5eae7100532b6d07e891f55_m_jpg
加工食品とは、その名のとおり「食品になにかしらの添加物を加えたモノ」です。
 

砂糖不使用という商品であっても、甘さを感じますよね?砂糖は入っていなくても、化学薬品を添加して甘くなるように加工してあるのです。
 

このような添加物が入った食品は、ビタミンなどの栄養素がほとんど入っていません。
 

なんの栄養もない物を食べていては細胞も元気がなくなるばかりか、添加物の影響で体内に毒素が蓄積されてしまします。
 

そりゃ〜お肌にも悪影響を及ぼして、ニキビも悪化しますよね。
 

 加工食品

カップ麺、ハム、ソーセージ、缶詰、パン、お菓子、豆腐、牛乳、小麦粉、砂糖、みそ、醤油

 
もちろん、調味料も加工がされているので加工食品です。
 

体に悪いかどうかは、添加物か入っているのか?いないのか?で見極めましょう。

食品添加物って?

d1204f2a33d6fee130c5f8836972aad9_m_jpg
添加物って、とっても幅広いんですょ〜。
 

例えば....
調味料では必須の醤油。
 

これって、添加物含まれてないと思っていましたが、商品によっては余計な添加物含まれています!!コレ、けっこう驚きました。
 

安い醤油には、10種類くらいの添加物が入っていて、醤油風調味料という記載もw
純粋な醤油が含まれていないから、醤油風と書くしかないんですね。
 

さらにコワイのが、原材料に醤油が含まれていれば「添加物を表示しなくていい」っていうこと!!
 

このような醤油に入っている添加物は、体に影響がない程度なので表示しないらしいです。
どの程度のものか、わからないのがコワイけど...。

 

ここで、ちょっと食品添加物をご紹介!
この表示があるモノは危険!!

合成着色料
飲料、かまぼこ、お菓子、味噌漬け、ソーセージ
※着色料には種類があって、日本以外の国では禁止されているものもあります。

酸化防止剤
缶詰、冷凍食品、マヨネーズ、バター

合成甘味料
漬物、ガム、アイスクリーム、お菓子、飲料

防腐剤
ハム、ソーセージ、ベーコン

防カビ剤
グレープフルーツ、オレンジ、レモン

保存料
ハム、ケチャップ、ジャム、ヨーグルト、麺類
 

すべて、日常でよく食べられているものです。
 

驚きなのは、日本だけ許可してる添加物があるってこと!!
なんで禁止にしないのか、不思議ですね。
 

このような添加物を摂取し続けると、恐ろしい病気や体の不調へとつながる可能性だってあるんですよ。発がん性や皮膚刺激、めまい、嘔吐、けいれん、肝臓障害などの症状に悩まされる危険があります。
 

体内に入れるモノって、とっても大切なんです。

ニキビとの関わり

beauty-1132617_1280_jpg
食品添加物が体に悪いってことは、理解できたかと思います。ニキビの悪化やニキビができやすい肌になってしまう可能性は十分にあります。
 

添加物を取りすぎると、肌の老化を早めてしまう活性酸素が増えてしまうのです。
 

また、肌にとって大切なビタミンCを破壊して免疫力を低下させるのです。
 

添加物の摂りすぎは、ニキビを悪化させてしまう原因の一つですね。

まとめ

加工食品の中に含まれる、食品添加物には体に悪影響を及ぼすものがたくさんあります。
 
できることなら、体内に入れない方がいいに決まっています。しかし、すべてを食べないでの食生活は難しいのかなと思います。
 

私も気をつけてはいるけど、全く食べてないわけではありません。
ただ、ニキビを悪化させる原因の一つということを、知っておくだけでも違うでしょう。
 

添加物を摂りすぎないように自然と意識するようになります。
 
自分の体の中に入れるものは、しっかり自分で選んで食べるようにしていきましょうね。
 

 


-ニキビ予防
-,