ニキビ予防

夏にニキビ増える?冬にニキビ増える?ホントはどっちなの?

2016/05/10

日本には四季があり、自然の変化を楽しむことができます。春夏秋冬、それぞれ気温や温度の変化を感じますよね。
 

気温や湿度は、私たちの健康にも大きく影響しています。そして「ニキビ」も同じです!
 

温や湿度の状態によってニキビがどのように変化するのかを知れば、対策をすることができます。
 

今回はニキビと気温、湿度の関係についてご紹介します。

ニキビ悪化は気温によって左右される?!

大きく分けると暑いか寒いという気温の変化になりますよね。季節でいう、夏か冬です。
 

極端に暑すぎても寒すぎでも、肌への影響は別の形となって現れてしまうのです。

 
それぞれどんな困ったことが起こってしまうのか、確認していきましょう!

暑い夏

clouds-429228_1280_jpg
夏は、ジメジメして高温多湿の状態!!
 

日本の中でも場所によっては、暑いけどカラッとしていて湿気が少ない場所もあるし、北のほうに行けば夏なのに涼しくて気持ちがいい場所も存在します。しかし、それもほんの一部の地域のみで、ほとんどが高温多湿ですね。
 

そしてこの時期は.....肌の新陳代謝が高まる時期なのです。新陳代謝は、肌が新しく生まれ変わるために重要ですが、同時に皮脂分泌も活発になります。「その量は冬の2倍」と言われます。
 

皮脂は、肌本来の潤いを保って保護したり、バリアする機能があります。しかし、量が増え過ぎると、毛穴をふさいでニキビの原因になります。
 

また、肌のべたつきや汚れ、雑菌がつきやすくなるのでニキビが大発生なーんてことも.......。
 

とくに、6月〜7月の梅雨の時期には、ジメジメして困っちゃいますよね。雨が降っているけど、気温は高くて一番ニキビが発生しやすいです。
 

夏のニキビの対策として、しっかりと洗顔することです。他にも対策ありますよ〜。チェックしてね✯
夏は居場所がない?!増えるニキビの対策法はあるの?!
 

寒い冬

girl-570557_1280_jpg
冬は、夏とは正反対に乾燥する季節です。
肌が乾燥しすぎてしまうことも、ニキビに悪影響です。
 

乾燥した肌は「潤いが足りない」と判断し、潤いを補うために皮脂を過剰に分泌してしまうのです。
 

また、乾燥によって肌のバリア機能が低下すると、ニキビが炎症を起こしてしまいます。
冬は乾燥を防ぐ対策をしつつ、スキンケアで保湿を怠らないようにやりましょう✯

ニキビができにくい気温・湿度って?

girl-571808_1280_jpg
ニキビが治りやすくなるベストな気温ってあるのでしょうか?
 

気温がある程度高くて、湿度が低めだと肌の血液循環は盛んになります。
そして、皮膚からの発散もスムーズに行えるので、肌調子が良くなると言われています。ニキビが一番治しやすいのは、このような気候です。
 

場所で言えば、夏の軽井沢がオススメ✯
実際、そのような気候の土地で過ごすとニキビが出来にくくなった、という体験もあるようです。
 

でも、軽井沢がいいからって引っ越したり、長期間の旅行してみる?なんてコトできるわけがないです...。
自分で気候をコントロールすることもできません。
 

四季がある日本では、温度や湿度によってスキンケア方法を変えていくことが重要ですね!
 

間違ったニキビケアをしていなければ、四季があったてニキビを治すコトはできます✯
日々の肌を観察して、今の肌の状態をチェックするところから始めてみてください。

まとめ

春夏秋冬という、季節があるコトによって綺麗な日本の風景などがあり、楽しみもその季節ごとによって変わってきます。
 

しかし、ニキビ肌に悩む方にとっては、コロコロ気温に変化があるのは大変!!
 
肌の調子が良くなったかもと思ったら、別の季節がやってきて悪化してしまうこともあります。
良くなり悪くなりの繰り返しなんてことも....。
 

ニキビを繰り返さないためにも、季節に敏感になり、早めの準備をしておくことも大切ですね✯
 

ニキビ肌とお別れをするために、スキンケアを季節ごとに見直してきましょう♫
 

 


-ニキビ予防
-, ,